あなたは、退職金をいくらもらえるか、把握できていますか?
あなたは、年金をいくらもらえるか、把握できていますか?
あなたは、60歳もしくは65歳までの、貯金や、資産形成計画は、ありますか?
あなたは、仕事を何歳で引退したい、と考えていますか?
あなたは、引退後の人生は何年あるか、考えたことはありますか?

 

あけましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願いいたします。
2019年1月、マネーセミナー(※残席わずか)は、こちら

 

日本政府は、2021年から、公務員の定年を60歳から65歳に変更し、50代から段階的に給与を減額、60歳以降の給与は60歳以前の7割、時短労働、管理職から外す、
などの方針を表明しました。

現在、民間企業も、60歳定年でも65歳までの延長雇用制度がありますが、すでにこの”再雇用”の給与は、60歳までの5割から7割になるようです。
そして、定年が65歳になれば、現行の延長雇用制度は70歳までになりそうです。
政府が方向性を示すことで、民間企業も、今後は足並みを揃え、変化していくことでしょう。

 

今は「人生100年時代」と言われるようになりましたよね。
60歳で引退したらまさに、40年の老後!

人生における労働期間が、大体40年ですよね。
なのに、無職の期間が、また40年も、あるなんて!

なんだか、考えるだけでも恐ろしい気がします。
あなたは、大丈夫?

 

ベストセラーとなった LIFE SHIFT という書籍では、老後を『セカンドライフではなく、サードライフ』と捉え、これからは『今までの概念とは違った老後の生き方』を考えていかねばならない、と書かれています。

寿命は、日本に限らず世界的に伸びていますが、人口が減っているのは、先進国では日本がワースト1です。そして寿命の長さも、日本は世界でナンバー1なので、これからの長寿時代を人類がどのように生き延びていくのかは、日本は世界のお手本にならなければならない。とも、いわれています。

これまでの日本と、これからの日本では、明らかに変化しているのは、あなたも、すでにもう、お気づきですよね。

経済は昔の日本の勢いは、もう取り戻すことも、なさそう。
寿命は延びているし、人口は減り、社会保障・年金は怪しくなってきている。そして、働き方も変わってきている。

 

私のところへご相談にいらっしゃった方で、以前こんな方がいらっしゃいました。
「老後はつつましく生活していこうと思っています」

で?いくらで生活を?
「現役時代の半分以下で・・・」

で?貯金は?退職金は?
・・・・・・・。

 

考えてみてください。
何十年も過ごしてきたあなたの生活レベルは、急に落とすことはなかなか難しいんです。あなたの周りのお友達も、あなたの普段のお金の使い方も、食べてきたものも、身の回りに置くモノも、急に変えることなど、そう簡単にはできません。

そして、老後は『毎日が日曜日』状態になります。
とにかく現役時代と違って、時間が有り余るんです。
あなたは、この年末年始のお休み、普段よりお金を使いませんでしたか

大きくなった子供が、結婚するのもこの頃になるかもしれない。
孫ができたとしたら、お小遣いやお年玉は、もちろんあげたい。
終の棲家は、マイホーム?それとも、介護施設?老人施設?

それから、退職金をもらうと結構な確率で、旅行に行きたくなります。
これが、なかなかの豪勢なヤツ・・・。

 

どうですか?何となく想像できましたか?

 

不安をあおりたいわけではないのですが、楽天的に考えていいことではないのです
老後は誰にでも、必ず、絶対にやってくる、
私たち全員に課された問題 なのです。

 

それでは、計算してみましょう。一体、いくら必要なのか。

生命保険文化センターのデータによると、夫婦二人の生活費は
最低でも22万円、ゆとりを持って生活したければ35万円。

35万円×12か月×40年=さて、いくら?

1億6,800万円!

さあ、退職金と年金、そして貯金で、あなたの老後の生活は、安泰ですか?
旅行に行ったり、孫にお小遣いをあげたり、好きなことをする老後生活は、想像できますか?

私の祖父母たちは、大体20年くらい前に、80代で亡くなりました。
退職金も年金も、がっつりもらってました。
貯金もしていましたが、当時の銀行預金や貯蓄型保険の金利は今の8千倍くらいあったので、とくに投資や運用なんてしていませんでしたが、充分お金を殖やしてました。

今は違いますよね。
もう、全てが。

 

お金の知識は、これから必須の時代。

あなたが、あなたを幸せにするのです。
時がたち、後悔するのも、あなた自身です。

現役のあなたが、老後のあなたの面倒を見ないといけません。現役時代はお金に困ったら借りることもできますが、老後にお金を借りるのはなかなか大変だし、そもそも返せるあてがあるかどうか。
他に誰が老後のあなたの生活費を?子供に世話してもらいますか?

時間は取り戻せません。
投資のリスクが怖いなら、時間をかけることでリスクを軽減することができます。

お金の基礎からiDeCoとNISA、保険の運用まで学べる
マネーセミナー(※残席わずか)は、こちら
参加人数限定です。お申し込みはお早めに。

 

豊かで幸せな人生を。

error: Content is protected !!