あなたの生命保険は、「ムダな生命保険」になっているかもしれない。

 

本日は、金融商品でもある「生命保険」について、お届けいたします。

 

 

生命保険は、あなたにとって大切なお金の、使い方 に、とても関係します。
生命保険は、あなたにとって大切なお金の、守り方 に、とても関係します。
生命保険は、あなたにとって大切なお金の、残し方に、とても関係します。

 

 

現在の日本は、お金を殖やすこと(投資・運用等)について学ぶことが、とても重要な時代になってきました。


※写真は、2018年に開催した、私のマネーセミナーです。

 

 

でも、お金の殖やし方以外にも、あなたの普段のお金の使い方などについて考えることもできたら、もっとお金を殖やすことが可能になる と思いませんか?

 

 

お金を殖やすために重要なのは、

➀ お金の使い方
② お金の守り方(資産・生活を守る)
③ お金の残し方

この3つができたら、最強の4つめができる。

④ お金を殖やすための知識

 

 

もう一度、言います!
この、④までを身につけることができたら、最強なのです!!

 

 

投資や運用の知識や、データだけでは、ダメなのです。

 

 

あなたは、このようなことを考えたことがありませんか?

「何年も前に加入した生命保険を、今も継続している。果たして、このままでいいのだろうか?」

 

 

この疑問の答えは、【あなたが豊かで幸せになるための、お金と生命保険の知識】です。
では、詳しくお届けしていきますね。

 

 

あなたが保険に加入した時期が若ければ若いほど、保険料は割安になります。
若ければ若いほど、病気のリスクや死亡のリスクは低いから安いわけですね。

 

 

年齢を重ねるにつれ、病気や死亡のリスクは高まりますが、保険料は安いままですから、一見「お得」な生命保険に見えます。

 

 

本当に、あなたの人生にとって、それはお得なことなのか?
実は生命保険は、あなたの人生にとって大切なお金に、とても影響を与えるものなのです。

 

あなたは、使えない保険に、何年も何十年もお金を払っていませんか?
あなたは、必要ない保険に、何年も何十年もお金を払っていませんか?

 

 

あなたの生命保険は、ちゃんとあなたのお金(生活)を守れているのか。
あなたの生命保険は、本当に必要なお金の使い方になっているのか。

 

 

何年も前に加入した生命保険が、いざ入院などで利用する!という場面になった時、いったいどうなるのか、事例をもとに考えてみましょう。

 

 

医療の進歩はめまぐるしく、変化成長しています。
さらに、国の保険医療制度も、財政悪化等により、変化しています。
それに合わせて、生命保険も、進化・変化し続けています。

 

 

あなたの加入している生命保険が、今の実態に合っていない内容だったら、保険金給付が少ないか、保険金が全く出ない(0円)かもしれません。

 

 

あなたの加入している生命保険が、今の実態に合っていない内容だったら、そもそも必要な出費ではないかもしれません。

 

 

実際にあったご相談例をわかりやすくお届けしますね。
生命保険(医療保険)の加入した時期の違いを見てみましょう。
・10年前の2009年に加入した場合
・現在の2019年に加入した場合

 

 

➀ 払込免除特約

現在(2019年)の生命保険(医療保険)では、【払込免除特約】という特約は主流です。

 

 

【払込免除特約】とは、ある一定の病気になった場合に、その後の保険料がずっと(払込期間満了まで、あるいは一生涯)免除(0円)になる特約です。

 

 

住宅ローンにも、ローンを支払っている最中に支払者が死亡してしまった場合は、その後の住宅ローンの支払が免除(つまり0円)となる、団信(団体信用生命保険)というものがあります。

 

 

病気をしてしまうと、その後生命保険に加入することは難しくなりますので、特に大きな病気をした方ほど、現在加入している生命保険を手放すわけにはいきません。

 

 

保険料の支払が困難になってしまったり、病気のドタバタで、保険料の支払をつい忘れて失効させてしまったら大変なので、この【払込免除特約】が誕生しました。

 

 

でも、今から10年前の生命保険には、この特約がついていないことがほとんどだったのです。

 

 

 

②短期入院一時金特約

短期入院一時金特約とは、1日でも入院すれば5万円~10万円程度の給付がある特約です。

 

 

現在の日本の医療は、たったこの10年でも相当な進化を遂げています。
その為、昔に比べて入院期間が短期化しているのです。

 

例えば10年前は、お腹をメスで切るような手術をする病気も、今はお腹を切るのではなく穴をあけるだけで済む、内視鏡手術が増えてきました。

 

 

お腹に穴をあけるだけで済む 内視鏡手術は、傷が小さく、患者の体への負担も小さくて済みますから、入院期間は短くなります。最近では受ける手術によっては日帰り入院が増えているのも、この入院短期化傾向に影響しているようですね。

 

 

仮に日帰り入院となった場合、「入院したら1日当たり5,000円」という生命保険(医療保険)に、あなたが加入しているのなら、1日分の5,000円しか保険給付されません。(※注:手術給付特約は別途加入内容によります。)

 

 

最近では、この入院短期化の傾向に合わせ、短期入院一時金特約は現在の生命保険(医療保険)の主流になりましたが、10年前にはなかった特約です。

 

 

この特約は、1日でも入院すれば5万円~10万円程度の給付があるのです。

 

 

 

③三大疾病特約(会社によって特定疾病特約など名称は異なります。)

三大疾病とは、日本人の死亡原因ワースト3の病気のこと。

今から10年前の【三大疾病特約】と、現在2019年の【三大疾病特約】は、同じ名称でも、なんと内容が変わっていることがあります。

 

■10年前の【三大疾病特約】の内容

●がん(悪性新生物)
心筋梗塞
脳卒中

 

■現代2019年の【三大疾病特約】の内容

●がん(悪性新生物)
心疾患
脳血管疾患

 

 

違いに、気づきましたか?

 

 

保険会社の全てではありませんが、このように三大疾病の対象範囲が拡大している保険会社は、現在増えてきています。

 

 

 

④ そもそも、必要な保険だったのか?

10年前に加入した生命保険。その頃のあなたの生活は、今と、どう違うでしょうか。

・結婚していなかった
・子供がいなかった
・収入が今より少なかった
・実家暮らしだった
・そもそも10歳若くて、元気
・今よりも、貯金できていなかった

 

 

そもそも、生命保険は、何のために入るのでしょう?
「何かあった時に、あなたや、あなたの家族が困らない為」ですよね。

 

 

逆を言えば、「困らないなら、必要ない」わけです。
とはいえ、病気や死亡のリスク・可能性が全くない人なんて、いません。

 

 

では、「必要がない」とは、どういうことか?
必要かどうか、どのように判断したらよいのでしょう?

 

 

■死亡保険の場合
・あなたがもし亡くなったら、困る人、もしくは迷惑をかける人がいるか?
・あなたがもし亡くなったら、どんなことにお金がかかるのか?
(どんなお葬式をして、残された家族がどんな生活をするのか?)

 

■医療保険やがん保険の場合
・あなたがもし病気になったら、誰が治療費を払うのか?
・あなたがもし病気になったら、誰に看病してもらうのか?
・あなたがもし病気になったら、いくら治療費がかかるのか?
・あなたがもし病気になったら、どのくらい勤務先や国の制度で補填されるのか?
・あなたがもし病気になったら、生活費のための収入は、いくら足りなくなるのか?
・あなたがもし病気になったら、どのような治療を受けたいのか?
・あなたがもし病気になったら、いつまで治療するのか?

 

 

いかがでしょうか?

 

 

さらに、もっと具体的に必要金額まで考えてみることができたら、無駄な生命保険にはならないかもしれませんね!

 

 

あなたの生命保険も、無駄なお金の使い方になっていないか、一度、見直していただける機会になれば嬉しく思います。

 

 

お金のご相談、お問い合わせは、こちら
マネーセミナーは、こちらまで。

 

 

あなたも、【良いお金の使い方】をして、楽しく幸せな連休をお過ごしくださいね。

error: Content is protected !!