久しぶりの円高のニュース!
麻生さんの「老後のお金、足りないから2,000万円、自分で用意しなさい」発言。

 

外貨への投資は、比較的、株よりも簡単です。
あなたも、外貨デビューしてがっつりお金を殖やそう!

 

 

多数のご要望にお応えして、2019年6月22日(土)15:30より
緊急特別企画!外貨セミナー 開催決定! (顧客様限定 10名様まで)


※写真は2019年4月開催 顧客様限定フォローアップマネーセミナーの様子

 

 

あなたは最近、こんなことを考えていませんか?

 

 

  • 老後に2,000万円不足するって聞いたけど、本当かな?
  • 老後の前に、家を買ったり、子育てにお金がかかったりするけど、今の貯金でやっていけるのかな?
  • このまま、ただ銀行に貯金するだけで、いいのかな?
  • 本当に2,000万円で、足りるのかな?
  • お金を殖やしたいけど、投資ってギャンブルなんじゃないの?
  • お金のことを勉強してお金を殖やしたいけど、難しい!
  • テレビで円高って聞いたけど、チャンスなのかなあ?

 

 

人はインパクトの強い数字や発言に影響されやすく、人によっては、すぐ調べる行動に移します。

 

【ネット銀行】
・普通の銀行よりもネット銀行の方が、比較的金利は高い。
・一般の銀行金利 0.001%
・ネット銀行の定期預金の金利 良くて0.1%

 

 

【社内預金】
・金利が高い!0.5%~
・もし金利が1%なら、お金が倍になるのは72年後
・そもそもそんなに長く、会社に勤めない
・税金は普通にかかる
・そもそも社内預金は会社にお金を貸してるだけ
銀行と違って、最悪は 戻ってこないリスク(0円)もある

 

 

【財形貯蓄】
・年金財形と住宅財形なら、税金がお得!
・でも目的以外の使い方をしたら、さかのぼって課税されちゃう!
・一般財形はメリットがなさそう。
金利はやっぱり低い!
・そもそも大企業に勤めてないと制度がない!

 

 

【日本人が銀行に貯金をすれば大丈夫だった時代】
・2,30年前:100万円を倍の200万円にするのに約10年
・ 現 在 :100万円を倍の200万円にするのに約7万年

 

 

【外貨預金】
・普通の銀行預金(日本円)との違いは何?
・為替リスクって?
・税金って?
・為替手数料は?
・どんな通貨ならいいの?

 

 

【FX】
・短期的、ギャンブル的?
・レバレッジって何?
・そもそも為替がよくわかってないと、できないよね?

 

 

安心したくて不安で調べたのに・・・、
「結局、どうしたらいいか、わからない!」

 

 

本日は、そんなお悩みを持つあなたのために、外貨への投資を成功させるための知識をお届けいたします。
あなたもぜひ、最近の円高チャンスをつかんで、お金を殖やしましょう!

 

 

日本では、お金の勉強を学校で教えてくれる仕組みが成り立っていません。

 

 

わたしたちにお金のことを教えてくれたのは、親や、親世代の周りの大人です。

 

 

でも、親も周りの大人も、「お金がない」と困ったり、「貯金をして一生懸命働きなさい」って教えてくれたけど、でも残念ながら、その大人たちは、豊かで成功してお金持ちになっていた人たちか、というと、そうでもない。

 

 

今から約30年前の日本は、経済大国と言われ、豊かな国でした。

 

 

その頃は本当に、ただ銀行に貯金をすれば、お金は殖えていた時代でした。
年金も、現在のように「不足する」なんて心配する人は、誰もいなかったのです。

 

 

だから日本人はこれまで、お金の勉強をする必要など、なかったんですね。

 

 

でも、今の日本はどうでしょうか。

 

 

史上最低の低金利と言われ、今年(2019年)10%になる消費税は、ちょうど今から30年前の1989年にスタート(3%)。

 

時代はどんどん変化していますよね。
人生100年時代といわれるようになった今、わたしたち日本人も、変化しなければならないのです。

 

 

先日の金融庁の発表、そして麻生さんの発言は、夫婦2人の老後の生活費が月に25万円とすると、年金が20万円もらえたとしても毎月5万円×12か月×老後30年だとしたら=約2,000万不足します、といった試算結果からでした。

 

 

人によっては、月に5万円×2人分=10万円程度の年金しかもらえない人もいます。
実は、20歳から60歳までの40年間、国民年金だけ を払い続けた人の年金受給月額は、満額で、ひと月約6万円なのです。

 

 

金融庁の発表も、麻生さんの発言も(撤回していましたが)、これからはあなた自身が2,000万円を用意しなければいけない時代になったのは、本当のことなのです。

 

 

では、わたしたちはこれから、どうやってお金を捻出し、殖やせばいいのか。
本日は、外貨に特化してお話をしようと思います。

 

 

 

【豪ドルと米ドルを見てみよう】

最近は、豪ドルの円高続伸中です。
2017年には90円台にもなった豪ドルが、最近では75円まで下がり、かなりのお買い得時期と考えられるため、毎日外貨投資のご相談ラッシュです。
昨年の2018年は、365日中、1日も70円台になんてならなかったんですよ。

 

たいして、米ドル為替 ですが、ここ最近、ほとんど 110円台 でなかなか動きがない状態でした。そしていよいよ、わたしたち金融のプロの間で「次の”買い”は108円だね」と話していた為替が、到来(2019年6月現在)しました。

 

外貨への投資は比較的、株への投資よりも簡単なので、おススメです。

 

 

株よりも外貨は、株式投資でも比較的安全といわれる長期投資はもとより、外貨は短期的~中期的な投資もしやすいのです。

 

 

そうは言っても、あまりレバレッジを 効かせるとギャンブルになりますので、気をつけて下さいね。

 

 

※レバレッジとは
投資における「てこの原理」のこと。小さなお金を大きく見せ、投資の結果を大きくする。
例えば、投資金額10万円に対し、レバレッジ10倍をかけると、100万円の投資が行える。結果殖えるときは10倍殖えるが、損失の時も同じく10倍損をする。
仮にマイナス10%の投資結果になった場合、実際に投資した10万円は0円。

株式投資における信用取引やオプション取引、外貨では主にFX(外国為替証拠金取引)で使われることが多く、現在のFXのレバレッジ上限は25倍に規制され、さらにロスカットという制度があるが、以前は100倍にすることもでき、レバレッジをかけすぎて破産する人もいた。

 

 

【外貨のリスクとは、どんなリスクなの?】

 

リスクといえば、なんだか「危険なもの」といったイメージがあるかもしれませんが、そもそも投資における「リスク」というのは、値動きの幅のこと です。

 

 

リスクが低ければ低いほど、リターンも低く、逆にリスクが高ければ高いほどリターンも高くなるのが基本です。

 

 

外貨のリスク
●為替リスク。為替が変動するリスクです。
●カントリーリスク
●地政学的リスク

 

 

例えば、あなたがこれから始めたい外貨が、アメリカドルと、アフリカランドでは、どちらがリスクが高いと思いますか?

 

 

為替リスクが分からなかったとしても、「アフリカはリスクが高そう」とお感じになったのではないでしょうか。

 

 

これをカントリーリスク・地政学的リスクといい、軍事的問題や不安定な政治、社会情勢、経済状況、自然災害、スト、デモなどにより、突然大きな値動きをしたり、国そのものが破綻したりする可能性の大きさのことです。

 

 

実際、ここのところ新興国は大きな成長を遂げていましたが、昨年の2018年には”トルコショック”という、トルコ リラ の大暴落がありました。

 

 

先進国でも、イギリスがEU離脱という不安要素によるリスクを抱えているともいわれていますし、そもそもイギリスポンドは、値動きの激しい通貨として有名です。

 

 

さらに本日お話ししている外貨の中でも、FXはハイリスクハイリターンなので、初心者にはお勧めできません。ですから、本日の記事では解説しておりません。

 

 

ただ外貨投資は通貨によって、さらに買い方によって、ある程度 値動きが読める。
ある程度安定している通貨を選ぶ。そうすれば、株よりも簡単
なのです。

 

まず、比較的安定していて簡単な通貨と、株の値動きの幅(リスク)を比較してみましょう。

 

 

ある時、あなたはアメリカでコーラを買ったとします。

 

 

その時、コーラは100円で購入できたとします。

 

 

また翌年、アメリカの同じ場所で、再度コーラを購入しました。

 

 

その時、コーラの価格は100円ではなく、120円でした。

 

 

また翌年、コーラを購入します。

 

 

その時のコーラの値段は、今度は80円でした。

 

 

いかがでしょうか。
ありそうな話だと思いませんか?
※実際のアメリカのコーラの値段は、日本人からすると、びっくりするくらい安いそうです。

 

 

それでは、アメリカで購入するコーラの値段が、ある年、10円や1,000円だった!なんてこと、あなたはあると思いますか?

 

 

今回はわかりやすくコーラを例にしましたが、日本はアメリカとも、オーストラリアとも、輸出も輸入もたくさんしているのはご存じですよね。

 

 

もし、100円だった為替が、ある時は 10円、またある時は 1,000円、というようなことが起きたら、経済はどうなってしまうでしょう?

 

 

めちゃくちゃになりますよね。

 

 

為替がそんなに大きく変化してしまっては、輸出や輸入をたくさんしている企業は、倒産してしまうかもしれません。

 

 

100万円 の売り上げ が、為替によって 10万円 になってしまったら、大赤字。

 

 

さて、株の値動きはいかがでしょうか。

 

 

株価は、100円だった相場が、ある時は1,000円になったり、10円になったりする相場も、想像できませんか?

 

 

もちろん外貨でも、新興国通貨の場合は、ハイリスクハイリターンです。
あまり値動きをしない、安定した株だって、存在します。

 

 

【ボックス相場】
●大体決まった相場間で行ったり来たりしている相場のこと。
●つまり、値動きの幅が小さいということ。
●特に、先進国対先進国 の為替は、過去の実績から見ても、実はそれほど大きく値動きしない場合が多い。

 

 

世界的に大不況に陥った2008年のリーマンショックの際でも、米ドル為替は2012年頃まで1ドル79円前後に下がった程度です。
ここまで円高になったことは、これ以前も以降も、なかなかありません。
その時ですら1ドル10円、もしくは1,000円のような値動きは、もちろんなかったということです。

 

 

ですから、ある程度過去の実績を調べ、安定している先進国を選び、その国の通貨のボックス相場を知る

 

 

それができたら、外貨への投資は、簡単なんです。

 

 

お買い物の基本は、安く買って高く売る。ですよね。

 

 

ボックス相場のできるだけ安い時に買い、できるだけ高い時に売る。

 

 

これが、初心者でもできる外貨投資です。
さらに言うなら、
できるだけリスクを抑える為、短期投資ではなく長期投資が一番です。

 

 

【投資における注意点】
もちろん、投資に”絶対”はありません。
どんな投資であれ自己責任ですし、先のことは、どうなるかなんてプロにもわからないことです。

 

 

投資で一番危険なのは、人の欲と感情が引き起こす、と私は考えています。

 

 

リーマンショックの時、みんなどうしたか。

 

安くなっているときに怖くなって、売ってしまったんですよね。

 

 

あの時、慌てず、売らなかった人は、相当儲かった

 

 

「あの株が上昇しているらしいよ」
「仮想通貨がアツイらしいよ」
「もうちょっと待てば、損を回復できるかも」
「もうちょっと値上がりするまで待ちたい」

 

 

感情と欲のスイッチ が入ってしまうと、この買い物の基本である、安く買って高く売るではなく、高い時に買って、安くなった時に焦って売ってしまう。長い期間、正しい知識と冷静な判断で投資をできる人は、特に日本人には少ないようです。

 

だから日本人の投資はギャンブル的で、失敗する人が多い。
これは外貨だけではなく株など、他の投資でも同じ話です。

 

 

でも、人に感情や欲があることは仕方のないことです。

 

 

だからこそ、投資は「誰とやるか」が重要なのかもしれません。

 

 

お忙しいあなたが、お仕事をしながら、そして家庭生活も送りながら、プロのように毎日、経済や金融の情報を更新したり、勉強したり、売ったり買ったり、そして感情のコントロールをし続けるのは、難しいことですよね。

 

 

もし円高だと思って買いを入れても、「すぐに儲けたい」という欲を持たず、なかなか円安=つまり売り時 が来なくても、「いつか円安になればいいや」くらいの気持ちと、余裕資金で投資は行うといいですよね。

 

 

そして「友人が良いと言ってたから」と、よくわからないものにあなたの大切なお金を投資してしまうのは、危険なことです。
それって、あなたのたいせつなお金を、たいせつに扱っていない行為だと思いませんか?

 

 

  • アドバイスをしてくれる人や、正しい知識をどこから得るか。誰も責任は取ってくれません。
  • 余裕資金で行うこと。
  • 誰から教わるかをきちんと選んだ上で、正しい知識を身につけてから実践すること。
  • 1人でやる投資は少額から始めること。
  • 結果を早く出したいと思わないこと。
  • 欲ではなく、余裕を持った気持ちで楽しみながら行うこと。
  • 誰から、どこから買うかも重要。信頼できる情報かどうか。実績があるか。

 

 

人は学んで理解ができると、安心します。知識があれば、意識して冷静になろうとすることもできます。さらに、できるだけ短期投資ではなく長期投資のつもりで行うことです。

 

 

外貨への投資はお金を殖やすしくみを理解することが比較的簡単で、きちんと理解できれば楽しみながらお金とお付き合いいただけるようになります。

 

 

ただ、投資は不労所得ではありますが、努力をせずに楽して儲けるということではありません。ラクをするのではなく、楽しむことが重要です。

 

 

投資は絶対にリサーチ、情報、勉強、あなたの努力が必要です。
だからこそ、誰と(どの情報を得て)やるのか、が重要になってくるわけですね。

 

 

外貨は金融商品によって、税金も手数料も金利も変わります。
そもそも値動きなんて関係なく「いつ買い始めても大丈夫」な、リスク回避方法もあります。

 

 

本日は外貨投資についてお話しいたしましたが、文字で勉強するには、やはり限界がありますよね。

 

 

「一番は成功しているひとにきくこと。プロに教えてもらうこと。」

 

 

あなたも是非、勉強して、努力して、そして安心して外貨の投資を始めてくださいね。
お金をたいせつに扱えば、お金もあなたのことをたいせつにしてくれます。
お金のことをもっと知れば、お金の正しい使い方がわかります。
そうすれば、お金はあなたのもとにたくさんやってきてくれますよ。

 

 

私自身もお金のプロとして、外貨投資を実践していますが、楽しくて仕方がありません。私は忙しいので、毎日価格をチェックするようなギャンブル的投資はしておりません。お金も心も余裕をもって投資をしていますが、それでも、お金が殖えまくっています。

 

 

私のお金の使い方は、私の大切なお金に対し、「お嫁に出す」つもりで使ったり投資したりしています。だから使う時も、投資の時も、よく考えてからにするし、「幸せになって帰っておいで」といった感じで、本当に嫁に出してます。

 

 

これからの時代、外貨の知識、そしてお金の知識をしっかりつけて、あなたもお金がたくさんやってきてくれるようになりましょう。

 

 

お金のことは、学び、理解できると楽しく実践できるようになります。
楽しんでいると、お金はどんどん引き寄せられます。

 

 

外貨初心者の方のために今回緊急開催する、
6月22日(土)特別開催外貨セミナー。
詳細は こちら から。
こちらは、顧客様しか参加できない限定のセミナーです。

 

 

初めて投資・外貨・運用、そしてお金について学びたい方は、初心者向けセミナー
お金の初心者からiDeCoとNISAまで!人気女性講師のマネーセミナー」で、ぜひ、お金の基礎基本から学んでくださいね。

 

 

決して欲や感情を出して、ギャンブル的投資にならないでくださいね。
その秘訣も、この外貨セミナー・初心者向けセミナーでお届けいたしますので、ご参加いただける方は楽しみになさってくださいね。

 

 

あなたのお金も心も、豊かで幸せになりますように。
お会いできるのを楽しみにしております。

 

 

●緊急開催!
「顧客様のみ参加できる限定!外貨セミナー」
6月22日(土)15:30~16:30@名古屋駅(地下直結 徒歩 3分)
詳細は こちら から。
※こちらは、半年に1度で開催しているフォローアップセミナーの内容とは異なります。

 

error: Content is protected !!