私は女性起業家として、
プロのFPとして、
たった1年でここまで成功することができました。

 

 

  • 無料が業界常識のマネーセミナーを有料で。
  • ビジネスが難しいと言われるこの名古屋の地で。
  • まだまだ男性優位のビジネス社会で。

 

 

2018年6月、赤字スタートの起業独立直後から、
2019年5月、4倍の月収益で黒字化。

 

会社員時代の月給と比較すると、現在の月給は6倍!

 

 

これだけ手に入れても、まだまだなのです。
だからこそ、起業1年目で、ここまでよく頑張ったね!私!と褒めてあげられます。

 

 

株式会社ユーキャン20~40代のビジネスパーソンに対し実施した
2017年の調査によると、
武器になる資格
1位は ファイナンシャルプランナー(以下、FPと記載します)
参考記事)※ちなみに
2019年は、同社サイト内でFP資格は4位と書かれています。

 

 

資格が武器になるって、実際にはどうなんでしょう?
果たして私は、FP資格をどのように活用して、1年でここまで叶えることができたのでしょうか?
本日は、資格取得を目指しておられる方に、私が資格を武器にして成功した方法をお届けいたします。

 

 

起業後、いただくご相談の幅が広がり、このようなご相談をいただくことが増えました。

 

 

  • 私もFPの資格を取得しようと勉強しています。
  • どうしたら、FPの仕事ができるようになるのでしょうか?
  • 小林先生のようなFPに憧れます。私も先生みたいになりたいんですけど、どうしたらいいですか?

 

 

さらに、こんな言葉も聞いたことがあります。
インターネットで検索すると、たくさん出てくるからでしょうね。

 

 

「FPは、飯が食えない」。

 

FP資格は「武器になる」と思える情報がある中、実際は、「飯が食えない」「生活ができない」という、反比例する結果。

 

 

私が資格を取得する前は、「FP資格がなければダメ!」とも、思い込んでいました。
そして、実際に現在の仕事を始めて、本当に「FPは飯が食えない資格だ!」でした。

 

 

今の私にとっては、一応資格がありますという程度です。
だからこそ、飯が食えているになったのです。


リッツカールトンの、クラブフロア・スイートルームに宿泊しちゃったし。
※リッツカールトン東京クラブフロア・スイートルーム宿泊の話は、以前のブログ
『【セミナーレポート】円高緊急開催!顧客様限定・外貨セミナーを開催しました』でお話ししています。

 

 

資格があるのに飯が食えないと言われるほとんどのFPと、
資格があるのに稼げている私
この違いは、なぜでしょうか?

 

 

資格に甘んじることなく、中身を大事にしているからです

 

 

実際にFPは、自身の家計などにも役立つと言われ、仕事上関係のない人も取得することが多い資格です。

 

 

これまで私も、FP資格を取得する異業種でも同業関係なく多くの方々から実際にご相談をお受けし、全員が私の顧客様になってくださっています。

 

 

≪私の顧客になってくださった方の一例≫
●銀行員
●郵便局員
●生命保険の募集人資格をお持ちの方
さらには、
●仕事にはまったく関係ないけどFP資格をお持ちの方

 

 

なぜ専門家であるはずの同類似業種の方まで、私を選んでくださるのか。
それが、資格に甘んじることなく、中身を大事にしている、に関係していると思います。

 

 

あなたは、「中身」をどうイメージしますか?

 

 

私は、

  • 信念
  • 想い
  • 理念
  • 在り方
  • クオリティ
  • おもてなし
  • 以上を貫く強さ

です。

 

 

国家資格であればあるほど絵に描いた餅 のこともある、と肝に銘じています。

 

生きていく上で重要であるお金のプロとして、金融にかかわる我々の仕事は国家資格のような法律奥深い知識でお客様を守らなければ、危険です。
だからこそ、お金の相談をするのなら、お金の教育を受けたいのなら、相談する相手は、やはり資格のあるプロの方がいいのです。

 

 

金融関連の法律は、とても複雑で厳しく、お客様をきちんと守れるようになっています。

 

 

しかし、それは、あくまでも「信用の後付け」であって、提供できる仕事の中身が先にあり、その上で守るための法律・資格が存在するからです。

 

 

だから、中身がなければ、資格があっても何の意味もないのです。
結果、「飯が食えない資格」になることが証明されるということです。

 

 

  • お客様のお金に関する悩みは、何か?
  • お客様の心に寄り添ってお金の課題を解決するには、何が必要なのか?
  • お客様の人生、夢、未来、目標を実現するために、何ができるのか?
  • お客様の感情にどう寄り添えるのか?

 

 

こんなもん、国が与えている資格だけで知識だけで、できるわけないだろう!

 

 

人にはいろんな悩みがあって、状況も十人十色で、お金のことそのものだけではなく、その人の仕事や、家族環境や、想いや、人生観など、いろんなことに関係してくるのが、お金の悩みです。

 

 

だから、私たち お金のプロは、お客様を守るために、そしてお客様に安心していただくために、金融関連法を知っておくべき ですし、法に則った信頼ある仕事をしなければならない。
そのために私も、資格を持っているだけなのです。

 

 

本当に お客様の望みをFPという仕事で叶える ためには、国家資格ではなく、現実的な知識と経験が不可欠です。

 

 

現実的な知識や経験とは、お客様を取り巻く環境に関する、国や会社の制度についての知識や、現在進行形の実際のデータをもとに、具体例をお客様に見せて差し上げることのできる経験値のことです。

 

 

今話題の「老後2,000万円必要」問題。
なぜ不安をあおるのか。
なぜその後の火消しは安心できる情報や根拠付けにならないのか。

 

これにお応えするには、

  • 国の年金、各種保険・共済制度の知識
  • iDeCoもしくはDC(確定拠出年金)、NISA制度
  • 財形・社内預金・持株会
  • 勤務先の、退職金・健康保険・共済・給与・賞与制度
  • 病気になってしまった場合の、高額療養費制度や傷病手当金制度
  • 日々変化する、様々な金融商品のリスクとリターン
  • 税金知識
  • ご相談者それぞれが本当に必要とする具体的な金額の計算
  • 人生の上で想定できるリスク・必要資金対策
  • 具体的な解決策、複数の解決手段からご本人が選択できるようになる為の情報

 

 

その他、きりがないほど多くの知識とヒアリングスキル、そして最新の情報が必要なのです。私は、資格の勉強よりも、実際にお客様に役立つ為の勉強を、私のたいせつな時間とお金を惜しまず、相当努力しているということです。
さらには、労基法・ハローワークの使い方や相続問題なども必要になるでしょう。

 

 

もちろん、私は全部、お応えできます。
なぜなら私の専門分野や得意分野ではないことも、強力な有資格者・士業・コンサルタントなどの横のつながりで情報共有やサポート体制を万全にしたり、私自身を鼓舞しているからです。

 

 

そうでなければ、「飯など食えない」のです。
プロの仕事とは、そういうものだと思いませんか?

 

 

知識×経験×信念=能力

 

 

どんな仕事でも、資格で得る知識だけで「飯が食えない」のは、同じだと思いませんか?

 

 

 

私には、やらないと決めていることがあります。
時間とお金には限りがあるので、本当に使うべき時間とお金に注力する為です。

 

 

FP資格でも勉強する、相続と不動産ですが、私の場合は専門家に紹介すると決めているので、相続と不動産については、資格の勉強以上に学んでいません。

 

 

不動産や相続については、基礎的なこと以外は、他の方に任せる!

 

 

やらないと決めている相続と不動産をなくして、私の目の前のお客様の悩みを解決できる知識と経験を徹底的に追求し、深めまくれる。

 

 

だからこそ、知識×経験×信念=能力は、もっと、ぐっと深く、濃く、強くなると思いませんか?

 

 

広ーく浅ーく、では、
目の前のお客様をお金の知識で救うことなどできない。
と、私は思うのです。

 

 

お客様があなたを選ぶ理由は、資格ですか?
お客様があなたを選ぶ理由は、あなたの持つブランドや、ステータスですか?
※ここからの記事では、ブランド・ステータスについての定義を 以下のように定義します。
・有名な大企業にお勤めであること
・昇格すること

・役職をもらうこと
・表彰されること
・1位になること
・書籍を出版していること

・雑誌やラジオ、テレビなどのメディアに掲載されること

 

資格や、ブランド・ステータスがあれば、
お客様は、あなたを選びたい!と思うのでしょうか?
あなたのお客様は、喜ぶのでしょうか?

 

 

それよりも、お客様に求められているものがあると思うのです。
お客様は、あなたの経験にのっとったアドバイスや、専門家としてのあなた自身の考えが、聴きたいのではないでしょうか。

 

 

私も実は、ある時まで、資格やブランド・ステータスがあれば、仕事が得られる。
お客様がたくさん来てくださる。そう考えていた時がありました。

 

 

一生懸命勉強して、努力して、FP資格や上のステータスがあれば、結果は得られると考えていました。

 

 

成長したい!成功したい!私もそう考えていました。
目標を掲げ努力すること、向上心を持つことは、とても素晴らしいことだと思います。

 

 

でも、私のその時の気持ちは、お客様の為を真剣に考えていただろうか?

 

 

資格やブランド・ステータスが欲しい。そうしたら、成功できると考えていた。
お客様ではなく、私が主役になって考えていたのかもしれません。

 

 

資格に甘んじることなく中身が大事、主役はお客様なのだ。
私は、そう気づいたのです。

 

 

私は、お客様に心から「ありがとう」って感謝される仕事をしよう。
私自身に誇りを持てる、中身のある仕事をしよう。

※私の
「中身を磨いた結果、お客様から選ばれるようになった具体的方法」
「中身を磨いた結果、実際にいただいた数々のオファーや成功例」
については、また別のブログで改めてご紹介しますね。

 

 

実際に、大企業や銀行のような、金融でいうところの”ブランド”が背景にある担当者から、何かしらの金融商品を購入した後、不安になって私に相談にいらっしゃる方が多数いらっしゃいます。

 

 

最近、問題が発覚した、かんぽ生命と日本郵便のニュース は、ご存じですか?
(※ご参考:日経新聞2019年7月10日記事)

郵便局員への過剰なノルマが不正につながった とみて、新契約をとった販売員に対する評価体系や目標設定を見直す。
顧客に不利益が生じた契約は 少なくとも約10万件 に上る。
高齢者を中心に支持されてきた「郵便ブランド」の信頼回復に向けた道のりは険しい。
(上記リンク先:日経新聞記事の一部抜粋)

 

目に見えるカタチ、目の前のこと、目の前のお金だけを見てしまうのは、真に豊かになれない考え方だと思っています。

 

 

お客様の中には、「先生の資格は、何級(どのランク)ですか?」という質問をされる方もいらっしゃいます。

 

 

私は、お客様の真のお金のお悩みを解決し、安心を提供している自信があります。
だから、このような価値観をお持ちの方の期待にはお応えしない ようにしています。

 

 

私も心からお客様に”中身”を提供しているので、お客様にも”中身”を見ることのできる人を求めます。
これは、自信がないとできない、勇気のいることでした。

 

 

資格やブランド・ステータスをたくさん持つことが成功のもと。
実績がないことは恥ずかしい。良く見せたい。
そう考えていたら、こういう質問をするかたがいらっしゃったら、ドキドキしてしまいますよね。

 

 

例えば、雑誌に載っているFPがいたとしたら、実は雑誌に載るのは、お金を払って掲載してもらうことができます。
「書籍を出版しています」という実績があったとしても、自費出版でも書籍を出せてしまいます。

 

 

実績がなくても、ブランドもステータスも、実はお金で買えてしまい、人により良く見せることが、できてしまうからこそ。

 

 

目に見える資格やブランド・ステータスがどれだけ凄くても、お客様を幸せにできるかどうかは、別物です。
人は、目に見えるもの、カタチだけに、ついつい価値を見出してしまいがちですね。

 

 

確かに、大企業のブランドやネームバリュー、世の中が勝手に持っている信頼感に勝負を挑もうと思えば、こんなちっぽけな私には、目に見えるカタチが欲しいと思う。私も怖かったものです。

 

 

でも、FPの資格は勉強すれば取得できますが、一応一夜漬けで取得できるようなものでは、さすがにありません。
だからFP資格を取得した人、取得しようと頑張っている人は、やっぱり努力ができる人なんです。

 

 

お客様に喜んでいただきたい。
お客様のお役に立ちたい。
仕事で武器になる!と資格を取得しようと努力するのは、あなたの為だけではないですよね?

 

 

一番たいせつなのは、あなたの提供できる中身。
頑張っているあなたを、まずあなた自身が認めてあげてください。
あなたのその想いを忘れないで。自信を持ってくださいね。

 

 

だって、

  • 無料が業界常識のマネーセミナーを有料で。
  • ビジネスが難しいと言われるこの名古屋の地で。
  • まだまだ男性優位のビジネス社会で。
  • 顧客様限定の有料セミナーも、何度もお申込み くださる。
  • マネーセミナー5開催連続 100%の個別相談申込み記録更新中(2019年7月現在)
  • 会社員時代の月給の6倍の月給を獲得

 

 

結果、独立起業して1年目で大幅な黒字決算。
中身があるから、結果がついてくるのです。
私の提供する中身に、知識×経験×信念=能力という自信。

 

 

私は女性経営者として、プロのFPとして、1年目にしてはなかなか、成功できていますでしょ?
成功の理由は、間違いなく資格や、目に見えるカタチだけでないことは、明らかです。

 

 

「でも、資格がなければ、そもそもお客様に出会えないんじゃないですか?」
「でも、ステータスがなければ、お客様から信頼されないんじゃないですか?」

 

資格を取ったら、逆にすぐお客様に出会えると思う方が、間違いです。
ステータスがなくても、あなたが努力を惜しまず自信をもってプロとして提供できていれば、信頼はついてきます。

 

 

資格を取得して、お客様が来てくださったとしましょう。
でも、中身が空っぽだと、すぐお客様には見破られますよ。

 

 

つまり、仮に出会えたお客様がいたとしても、すぐに離れて行ってしまい、あなたのお客様になることは選んでいただけません。

 

 

見破れないお客様もいらっしゃることも確かなので、どう選ばれたいかでもありますね。

 

 

私が選ばれたいお客様・顧客様に選ばれる私になれてきているから。

 

 

多くの方へ向け、普段からお金の話をしている私が思うのは、
「自分だけが得をしたい。」
「簡単に儲けたい。手軽に稼ぎたい。」

と考えている人ほど成功しないし、努力の継続ができない ことを、この目で実感しているからです。

 

 

だから、もしこのブログを読んでいる方の中に、「資格を取ってFPになりたい!」
「今の仕事で、昇進して成功したい!お金持ちになりたい!」って思っている方がいらっしゃったら、くれぐれも忘れないでほしいんです。

 

 

売れっ子で、お客様に求められるプロになる為には、何が必要か。
真に豊かで幸せな人生、成功を得るためには、何が必要か。

 

 

資格や、ステータスは、その後で充分です。

 

 

私の尊敬している成功者の先輩方は、皆さん資格なんていらないって言います。
もちろん本当に成功している人は、自らお金を払って雑誌に掲載されたり書籍を出版したりもしていません。

 

 

別に、FPの資格証を見せないとお金の相談が聞けないわけでもない。

 

 

ただ、誠実にお客様の心に寄り添って法に則り、本当にお客様にとって必要な知識を提供して、お客様の抱える悩みや課題を解決しなければなりません。
それが、お金をいただくプロの仕事なのではないでしょうか。

 

 

私が求めるお客様に、求められる私になる。

 

 

資格とステータスみたいなものは、おまけです。

 

 

FP資格を取得したら金持ちになった!なんて人の話を聞いたことがありません。
お金に関する資格なのに。

 

いつも私がお伝えしていることですが、
「お金の知識だけでは幸せになれないし、豊かになることもできない」
とは、そういうことです。

 

 

成功している人は、みんな努力しています。
努力の方向、順番を、間違えないようにね。

 

 

あなたの幸せと、成功を願って。

error: Content is protected !!