こんにちは。
名古屋駅で有料マネーセミナー講師として活動し、婚活女子のお金の悩みを解決している小林美幸です。

 

 

本日は、保険に払っていいお金『保険とお金の真実』についてお届けします。実際にいただくご相談に多い「本当に保険って必要なの?」「保険って、入らなければいけないの?」のヒントになるかと思います。

 

「保険って、貯金があったら必要ないよね?」
「保険を見直して、節約したい!」
「子供も生まれたし、保険に 入らなければ いけない?」

お金持ちを目指すなら、投資や運用の知識だけではなく
お金に愛される法則=‟正しいお金の 使い方 と 考え方” を持つことが 重要です。

 

 

たくさんのお金を引き寄せる!
正しい『保険とお金』の考え方

 

このブログにたどり着いたあなたは、すでに書籍やインターネットで勉強なさって、こんな言葉を目にされたことがあるかもしれません。

「保険なんて無駄!」
「保険なんて入らなくていい!」

一方で、あなたを迷わせる言葉も、あなたの周りで耳にしたことはありませんか?

「オトナになったら保険に入るのは常識!」
「家族ができたら保険に入るのは当たり前!」

 

 

結局、どうしたら良いのでしょう?
どちらが、正しい答えなのでしょう?

 

 

こういう情報を見たり聴いたりすると、お金のプロとしてさまざまな視点で知識や情報を提供している私は「怖いな、悔しいな、どうして迷わせるんだろう。安心させるのが私たちの仕事なのに」って感じます。

 

 

人はそれぞれ、置かれている状況、ライフスタイル、リスク、考え方、収入や支出の状況、描いている未来も、みんなみんな、異なるんですもの。

 

 

それなのに、どうしてそんな無責任なことを言うんだろう?

 

 

ひとりひとりライフスタイルがあるように、あなたと私でも同じ質問をされても答えが異なる場合もある、と思いますよね。
あなたにとっての ‟真の正解” を、会ったこともない本の作者や、匿名で書かれているインターネットの情報、お金のことを勉強していない周りの人に、どうして決められるのでしょうか?

 

インターネットの情報や書籍、そしてあなたの周りの人は、あなたの状況を把握し、あなたの人生に責任を持って、アドバイスすることは難しいですね。

 

 

幸せな人生を描き続けるためには、お金とどう付き合っていくか。
継続してお金の情報や知識を得られる環境を整えられるのか。

 

 

あなたがあなたのお金を「1円でもたいせつに考える」。そう思えば書籍やインターネットの情報、人から聞いた話は、あくまでも、あなた自身がどうするのか決めるための参考でしかないからこそ、信頼ある誠実な態度と使い方です。

 

 

お金をたいせつに扱わないと、お金はやってきてくれません。
お金も、お金以外も、全部自分に返ってくるんです。
お金を愛してあげないと、お金に愛されないんです。

 

 

お金をたいせつに扱うというのは、お金を使わない、節約する、という意味ではなく、このお金の意味を考える、ということです。

 

 

お金持ちの人は、他人から得る情報を‟自分で判断するための参考”として、耳や目に入れるように意識をしています。いちいち周りの無責任な情報に影響されないし、自分で調べるし、勉強する時間がなければ信頼できるプロにお任せしています。

 

 


どんな金融商品に手を出しても目標達成できない人の特徴は、嘘を信じてしまうこと。自分で見抜くチカラがないこと。書籍やインターネットの情報、周りの人の意見を鵜呑みにしてしまうこと。だから、

    • 誰かが、「貯金があれば保険なんていらない」と言っていたから。
    • 誰かが、「オトナになったら保険に入るのは常識」と言っていたから。
    • 本に、「保険を見直して節約しなさい」と書いてあったから。
    • インターネットに、「国の制度があるから保険は入らなくて良い」と書いてあったから。

 

 

つまり、自分以外の責任にしてしまうということです。
それは、相談する相手を間違えているのです。

 

あなたのたいせつな人生とお金をどうするかは、他人ではなくあなたが決めることです。それが本日のテーマ『保険とお金』の真実です。

 

 

〇なのか、×なのか、はたまた△なのか。
人それぞれ、こたえが違うんですね。
こたえを決める基準が、あなたの状況と知識と考え方、というわけです。
知識がないと騙されてしまったり、あなたにとっての誤った判断をしかねないので『どの情報を選ぶのか』『誰と決めるのか』も重要なんです。

 

 

あなたは、毎日一生懸命働いている。
そんな頑張っているあなたのところに、お嫁に来てくれたたいせつなお金。
そんなお金を、あなたがたいせつに扱ってあげなかったら?

 

 

あなたのところにお嫁に来てくれたお金は、泣いていませんか?
あなたのところにお嫁に来てくれたお金は、不幸だと思いませんか?
それって、あなたがあなた自身を、たいせつにしていないことだと思いませんか?

 

 

『ストレスでお金を使ってしまう』のも、ちょっと高価な外食に行ったり、お酒を飲みに行ったり買い物をしたり遊びに行ったり旅行に行くのも、人生を楽しむ為にお金を使うことは、決して悪いことではありません。

 

 

頑張っているあなたへのご褒美。楽しいお金を使うことは、むしろ良いことです。
もともと、お金がたくさんあることが幸せなのではなく、あくまでもあなたの幸せの為の手段としてお金がたくさんあったほうがいい、使うためにお金はあるんですからね。

 

 

でも、もしそれが、
不満をお金にぶつけたお金の使い方だったら?

意味がよくわからないお金の使い方だったら?
他人によく観られたいだけの、無理したお金の使い方だったら?

 

そのお金は、本当にあなたにとって必要なお金の使い方なのか。
あなたを本当に幸せにする ‟良いお金の使い方”ができていますか?
あなたを本当に幸せにする ‟上質で良質な相談相手”ですか?

 

 

 

お金の使い方は、
消費・投資・浪費

本日のブログの『投資』という言葉の意味は、金融や運用の『投資』ではありません。
あなたも普段から、健康の為にスポーツを習いに行ったり、もっと豊かな人生にする為に勉強や習い事にたいせつなお金や時間を『投資』しますよね?

 

 

そのお金は、あなたにとって『どんな意味』がありますか?

 

 

そのお金の使い方は、あなたが生きる為に本当に必要な『消費』ですか?
そのお金の使い方は、未来のあなたを幸せにする『投資』になっていますか?
そのお金の使い方は、無駄遣い=『浪費』になっていませんか?

 

 

あなたの人生はあなたのモノだからこそ、一緒に考えてみましょう。
あなたにとっての保険とお金の真実である ‟あなただけの正解”は、なんでしょうか。

 

 

あなたにとって、保険は必要?
あなたにとって、保険はどんな意味がある?
答えは、「どうしたら幸せで居続けられるか」を基準に、あなた自身が決めること。

 

 

保険があれば、家族やあなたが困ることなく笑って過ごせるなら、必要でしょう。
保険がなくて、困る人がいないなら、必要ないでしょう。節約の対象になりますね。
だけど、あなたが死んだら誰かが葬式をあげてくれます。死んでまで誰かに迷惑をかけたりしないか、2、3年先の未来、10年20年先の未来をよく考えてみてくださいね。

 

 

さらに、保険は死亡した時だけではなく、がんなどの病気の時に『誰が、どのくらい、いくら、困るのか。』『その時自分はどうしたいのか、どう在りたいのか。』という想定も必要になります。ただ保険に入っていれば安心ということではないので注意してくださいね。
※貯蓄や投資効果のある、お金が殖える(金融商品としての)保険は、さらにまた別の知識と考え方が必要です。

 

 

病気になれば保険加入が難しいのです。
保険が必要になってからは加入できないのです。

 

 

後悔は、幸せがひとつあなたのもとを去っていくということ。この幸せは、1度失ってしまったら、もう取り戻すことはできないですからね。

 

 

後悔しない人生
お金を『投資』で使うには

保険はあなたにとって、幸せな人生を守るもの=『投資』 かもしれないし、
保険はあなたにとって、お金のムダ使い=『浪費』かもしれない。

 

 

安心・納得できる知識と情報をもとに、あなた自身がこたえを決められるようになってくださいね。

 

 

長い人生、ひとりで1度学んで満足しているようではあまり良い結果は望めません。経済や私たちを取り巻く状況は日々変化しているからです。投資の知識やノウハウを少し学んだくらいでお金持ちになることが難しい理由と同じです。勉強し続けるか、勉強し続けることが難しいなら、一生お付き合いするお金のことを誰と一緒に考えるのか、どんな質の情報を選んで決めるのかが、実は重要なことなのです。

 

今回の保険について判断する基準は、

    • 高額療養費や傷病手当金などの国の制度
    • あなたや家族の収入
    • 実際の病院の治療傾向などの知識

に合わせて、私のマネーセミナーで解説しております。ぜひ、お越しくださいね。

 

 

明日はもっと、お金に愛されることを祈って。

 

 

Follow me!