こんにちは。
名古屋で有料マネーセミナーの講師として活動している、小林美幸です。

 

 

本日のテーマは『1か月前から悩んでいた分散投資が今日突然古くなる!』というお話です。

 

 

あなたの考えている分散投資は、2020年の今、もう古いかもしれません。

 

 

投資を成功させたいなら、分散投資は基本中の基本なのですが、
あなたを悩ませている原因は、これまで常識だった分散投資法だからなのです。

 

 

実は今、私たちの気づかないところで変わってきているのです。
だから、お尋ねします。

 

 

あなたは今、どんな分散投資をしていますか?
あなたは、どんな分散投資にしようと1か月以上悩んでいますか?

 

 

本日は、正しい分散投資の知識を最新の情報と共にわかりやすくお届けいたします。

 

 

ぜひ、あなたの資産形成が今の時代に合っているか、本当にリスクを軽減できる正しい分散投資ができているのか、参考になさってみてくださいね。

 

 

 

2019年は金融庁の『老後2,000万円不足問題』が突然話題になりました。
私は5年前の2014年から開催しているマネーセミナーで『老後に3,000万円用意する堅実な方法』をお届けし続けておりました。そのため、顧客さまの中には安心して金融庁の情報に惑わされることがなかった方々がほとんどでした。

 

 

もちろん、不安になった方もいらっしゃいましたが「小林先生だから相談しなくちゃ!」という信頼関係ができていたので甘い儲け話に動く方は少なかったです。
一方で、私のマネーセミナーは盛況になりました。

 

 

こんなに不安を煽る金融庁の目的は何でしょうか。

 

 

あなたが3,000万円の資産形成を成功させたいなら、投資のリスク(損失を被る可能性)を軽減させる基本の方法は、わずかこの2つです。

 

 

    • 長期積立(時間分散
      ※()内をクリックすると「時間分散」を解説したブログ『あなたに合った投資を見つけよう ~あなたの不安を安心に変える投資・ドルコスト平均法~』が開きます。
    • 分散投資『お金を失うことが怖いなら【分散投資】~基本編~
      ※()内をクリックすると「分散投資」を解説したブログが開きます。

 

 

わずか25年前(バブル期)では可能だった短期分散投資はまったくできなくなり、現代のお金の情報やマネーセミナーでは『長期分散投資は、もはや当然』でお届けされていることが多くなりました。

 

 

なぜか、分かりますか?
それは、短期分散投資するほどの「金利や運用」が見込める商品がほどんどなくなったからです(同じ名称の金融商品でもです)。金利や運用で見込めなくなったら「時間で金利を稼ぐ」しかなくなるので、長期分散投資が当然になります。

 

 

国の制度である つみたてNISAやiDeCoも、この『長期分散投資法』を推奨している理由のひとつですね。

 

 

短期分散投資でも長期分散投資でも重要な『基本の4分散』についてもお届けしたいと思います。これまで投資の常識と言われてきたので、私のブログやマネーセミナーで学んだ方にとってご存知の方には復習になります。

 

 

投資の常識『基本の4分散』

    • 日本国債
    • 日本株式
    • 外国債券
    • 外国株式

『基本の4分散』は、GPIFの”理想的な分散”と言われている運用法でもあることも、ぜひ知っておいてくださいね。
(あなたの支払っている年金保険料を運用してくれているのがGPIFという機関です。)
GPIF=年金積立金管理運用独立法人

 

 

このGPIFのお手本運用『基本の4分散を真似する』ことを推奨しておりますが、経済や金融は常に変化もあり、最近では私も「日本国債に投資する価値はない。これから選ぶ投資先ではない。」と指導しています。ご存知の通り、2020年現在の日本国債はほぼゼロ金利で固定されているからです。

 

 

さらに、10年前に約7%の金利だった先進国の外国債は、なんと、『日本化(ジャパナイゼーション)と世界で言われているほど、2020年現在、金利が低下しています(1~2%)。

 

 

こんなにも一般の方々が一見ででわからないように変化しているこのブログを読んでいるときさえも、世の中の投資教育・マネーセミナー・書籍などでは『基本の4分散をしましょう!』と指導しているお金のプロはまだまだいます。

 

 

先日、私がご相談をお受けした方の悩みだったのも、このような指導が原因でした。

 

 

『理想的な分散投資のために、初心者は‟バランスファンド”がおススメ!と言われたのですが、バランスファンドは本当に大丈夫なのでしょうか。私の理解度が浅いような違和感があるんです。』

 

 

2020年1月現在の私の回答は、『もはや、バランスファンドは買ってはダメです!』

この方が違和感を覚えた『バランスファンド』とは、いったいどんなファンドなのでしょうか。なぜ今、バランスファンドを買ってはならないのでしょうか。

 

 

ここから、理由とともに解説いたします。
※ここでの「ファンド」とは、金融商品のことです。

 

 

バランスファンドとは
バランスファンドとは、ひとつの投資信託商品を購入するだけで、複数の資産に分散投資できる金融商品のことです。

 

 

あなたがひとつひとつ分散投資の為の投資先を選ぶのではなく、最初から4つの資産や8つの資産を組み入れ、バランスの良い分散投資をしてくれているファンドが、『バランスファンド』です。

 

 

ただし、バランスファンドはそれだけプロの手間がかかっているので、他のファンドよりも手数料が高い傾向がありますので注意が必要です。

 

 

※バランスファンドに組み入れられている 日本国債ファンド
・金利が低すぎて殖えないのに、手数料がかかる。
・有効な他の運用資金に、その分お金が配分されない

バランスファンドに組み入れられている 債券ファンド
2020年現在では債券全体の金利が低下している為、ジャンク債やハイイールド債と言われる‟ハイリスク債券” をファンドに組み入れる動きが広がりつつあるが、それを気づかないまま購入してしまうリスクがある。

 

 

『じゃあ、私たちは、一体どのように分散投資をすれば良いの?』

 

 

こうして詳しく解説すると不安になってしまいますよね。
その不安を安心に変えましょう。
だから、分かりやすく解説してきます。もう少しお付き合いくださいね。

 

 

ズバリ答えは、時代に合った投資先・ファンドを選び、やはり長期にわたって分散投資を行うこと!

 

 

例えば、

    • 『10年前はアメリカ国債を購入したけど、今年は経済や政治の流れを見て、オーストラリア国債を購入する』といったことです。
    • 今(2020年1月)は、日本株や外国株の保有比率を高めにすることもひとつの選択肢と言える理由にもなります。

 

 

また同じ株の購入でも、ひとつの会社を購入する‟個別株”と、いろんな会社の株が組み入れられている‟投資信託”では、リスクが全然異なります。

 

 

個別株は、その会社が倒産したらアウトです。
実際に、2010年にあの日本航空がまさか事実上の倒産をするとは、誰も思っていなかったのではないでしょうか。

 

 

もし当時、日本航空だけではなく、いろんな会社の株を購入していれば、この損失リスクは軽減されていたわけです。

だからといって、一般の方がひとつひとつの会社を分析・リサーチしていくつもの会社の株を購入し成功するのは、かなり難易度が高くなってしまいます。ですから、株の購入は投資信託を購入する事や、プロの指導のもと長期で投資をすることが成功のコツと言えます。

 

 

さらに追加しますと、債券の魅力が低下してきたとはいえ、まだまだ日本国債よりも外国債券のほうが魅力がある、ということです。
外国債券は、株のハイリスクを軽減してくれる分散効果を狙い、信用力の高い先進国国債を選びましょう。

 

 

発展途上国と言われる国と比較して、先進国であるアメリカやオーストラリアは『破綻しない可能性が高い』と言えるからです。

 

 

※長期分散投資で 投資先を選ぶ 際の 注意点
安易にバランスファンドを購入したり、長い期間ずっと同じファンドを買い続けていればいいわけではない ことは、理解できましたでしょうか。

 

 

長期の運用は、時々『どのファンドで運用するか?』を見直し、買うものを変更(スイッチング)したり、分散投資先の配分比率を変更(配分変更)したりすることが必要です。

※基本的に、スイッチングには手数料がかかります。

 

スイッチングとは、例えば投資資産のうち35%の比率だった外国債券をまるっと35%売却して外国株式に買い替えることをいい、
配分変更とは、例えば投資資産のうち35%の比率だった外国債券を25%の比率に変更するという意味です。

 

 

ただし、債券は投資先が破綻しなければ満期までの保有で価格が保証されます。
つまり満期前に途中で売却さえしなければ、値下がりせず損をしません。さらに高金利が約束され続ける金融商品もあります(最低保証)。

 

ですから、これから購入する債券は、配分比率を下げましょう。
また金利が上昇したら、株式から債券にスイッチングを検討しても良いですね。

 

 

過去に良い条件で購入した債券があるなら、売却やスイッチングなど手離す必要がない場合もありますので、注意してください。

 

 

いかがでしたか?
本日は、分散投資の古い常識と、最新のお金の知識をお届けいたしました。

 

 

もっと詳しく知りたい!理解したい!という方は、私のマネーセミナーへお越しくださいね。
実際に計算機や投資ゲームを通して増減を体感できるマネーセミナーもございます。興味のある方は、2020年春からスタートするマネーセミナーにお越しください。

 

投資で成功し、あなたの未来が安心と幸せで満たされますように。